ワークライフバランス

ワークライフバランス(Work life balance)=仕事と生活の調和

「国民一人ひとりが、やりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活においても、 子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。

仕事のために犠牲となる私生活、うつ病(鬱病)・過労死・自殺・家庭崩壊

仕事・労働は、賃金を得るための生活の糧であり、個々の暮らしを支える重要なものである。また、そこにやりがいや生きがいを見出し、 充実した生活を送るための糧でもある。しかし近年は仕事のために他の私生活の多くを犠牲にしてしまう仕事中毒(ワーカホリック)状態となり、 うつ病(鬱病)に代表される精神疾患を患ったり、過労死や自殺、家庭崩壊などの悲劇を生む事例が後を絶たなくなっている。

仕事のために多忙・不安定な生活は、出生率低下にも繋がる

このような悲劇の急増は、国民(労働者)にとって日々の私生活や将来への大いなる不安を抱かせることになり、 返って社会の活力を低下させてしまうことになる。さらには多忙で安定した生活ができないことにより 出生率低下・少子化に繋がり、人口を減らす原因に繋がる。

仕事と生活のアンバランスが原因で引き起こされる悲劇を抑えるために

こうしたことから、仕事と生活のアンバランスが原因で引き起こされる多くの悲劇を抑えようと、 「仕事と生活の調和」、ワークライフバランスの必要性が重視されるようになった。

日本では少子化対策・男女共同参画の文脈で語られることが多いが、出生率向上・男女均等政策のみならず、 労働時間政策、非正規労働者政策など働き方の全般的な改革に関わる。

2007年(平成19年)末、政府、地方公共団体、経済界、労働界の合意により、「仕事と生活の調和(ワークライフバランス)憲章」が 策定され、現在、官民を挙げて様々な取組が進められている。

政府の開始した国民運動「カエル!ジャパン キャンペーン」は、ワークライフバランス推進を目的としている。

カテゴリー