精神障害とは

精神障害の代表的な病気としては「統合失調症」「うつ病」「神経症」などがあり、 原因は明らかではありませんが脳の病気であり、ストレスが関係していることが判明しています。

病気の症状が薬で緩和されないという方も少なくないところが、精神障害による大きな問題ではないでしょうか。

精神障害の特徴:運動能力の低下

集中力、継続力の低下、疲れやすさ

精神障害の特徴:精神的な体力の低下

臨機応変な対応やあいまいな環境が苦手、

些細なことでも大きなストレスになってしまう

精神障害の特徴:気持ちをコントロールする能力の低下

緊張が強く、焦ってしまう。そのために疲れやすい

初めての場面での緊張や不安により、混乱しやすい

上手に休んだり、リラックスすることが苦手

精神障害の特徴:社会的な経験の不足

社会的な経験不足から、状況を理解したり、判断するのに時間がかかるなどがあり、その状況も一定でなく、波がある場合も多い

こういった精神障害の特徴は、社会における偏見や外見からの分かりづらさなどが影響し、 なかなか理解を得ることが難しく、そのために必要なサポートを受けられる機会が乏しくなってしまいます。 この特徴を考えると、精神障害があると働けないのではというようにも見えますが、 精神障害を持ちながらも、

体力に応じた勤務体制

その人、その時に合った作業内容

安心して取り組める環境(人的サポート、設備整備など)

などの工夫やサポートがあれば働くことが十分可能です。

関連記事

カテゴリー