うつ病・発達障害・ADHD・統合失調症・精神障害者 採用枠 雇用 就職

メンタルワーク
うつ病(鬱病)精神障害者就職・雇用情報HOMEうつ病(鬱病)精神障害者就職フォーラムうつ病(鬱病)精神障害者就職・雇用情報掲示板

うつ病・精神障害者の雇用と就職

メンタルワーク
  • 精神障害者就職情報トップ
  • 精神障害者就職フォーラム
  • 精神障害者就職掲示板
うつ病(鬱病)精神障害者就職情報|メンタルワーク緘黙症(かんもく症)の治療で実績のある認知行動療法
うつ病(鬱病)・発達障害・ADHD・統合失調症・精神障害に理解ある職場で安定した就労
うつ病(鬱病)精神障害者採用枠の正社員・パート・アルバイト・派遣契約社員 精神障害者就職枠なら、病気に配慮のある職場で安心して働けます。
うつ病(鬱病)精神障害者就職情報|メンタルワーク
鬱病(うつ病)精神障害者就職情報

緘黙(かんもく)症の治療

緘黙症の治療

緘黙症は、必ずしも年齢とともに自然に改善されていくわけではなく、低年齢のうちに治療を受けることが重要と言われていますが、 大人になってから治療を開始しても決して遅くはありません。

少なくとも緘黙症の治療すらせず、重い荷物を背負い込んだままでいるよりも、人生が豊かで実りのあるものになるのではないでしょうか。

緘黙症と併せ持つ病名と診断

緘黙症の方のほとんどは、それ以外になんらかの不安に関連した病名を診断されています。 多く見られるのが、社会恐怖症、分離不安、完全主義的傾向、強迫的傾向などで、また、病名でなくとも、以下のような特徴的な問題を併せ持ちます。

社会恐怖症

社会不安恐怖症の方は、他人からの否定的な評価を恐れ、自分が何かみっともないことを言ったり、したりするのではないかと過度に気を遣います。

ただし、場面緘黙の発症の多くが2〜4歳であるのに対し、社会恐怖症では10〜11歳にならないと現れない点で社会不安恐怖症と緘黙症の大きな違があり、 また、場面緘黙児が非言語的な手段ではコミュニケーションを問題なくとれるのに対し、社会恐怖症の場合はあらゆる面での社会的交流に不安を感じている点があります。

したがって、現在のところ場面緘黙症と社会恐怖症の関連はまだきちんと解明されているわけではありません。

分離不安

緘黙の方は、外出時などに、自分自身や大好きな親に何か悪いことが起きるのではないかと心配するなどの問題を抱えていることがあります。 ちなにに場面緘黙児の調査でも、全体の約20〜30%にのぼる児童に分離不安が見られると言われています。

完全主義、強迫的傾向

不安や苦痛を伴う固定観念や思考をし、自分の周囲をいつも決まった状態に保つことにこだわったり、 失敗に対して過度に神経質になることで、日常生活に支障を及ぼす症状です。

緘黙症の治療で実績のある認知行動療法

社会不安恐怖にしても緘黙症にしても、単なる「恥ずかしがりや」や、「内気」で片付けられてしまいがちですが、 「恥ずかしいがりや」も「内気」も、度が過ぎれば日常生活に支障を及ぼしてしまうため治療が必要ではないでしょうか。

緘黙症の治療では、社会不安恐怖の治療に多く用いられる「認知行動療法」が、現在のところ治療実績が多い治療法とされています。

認知行動療法は、その人だけが持つ、誤った認識・陥りがちな思考パターンの癖を、客観的で大多数の人と同じ思考パターンに導く治療法で、 苦手な場所や状況に少しずつ参加していき、その実績や成果を恐怖の払拭や自信に繋げていくことを目標としています。

緘黙症(かんもく症)、認知行動療法での治療イメージ

ソーシャルネットワーク

RSS
twitter
facebook
Link Free - リンク大歓迎・リンクはどのページにもご自由に行ってください。
うつ病・精神障害者の社会参加を目指すWebの輪サポーター
うつ病・精神障害者の就職・就労掲示板
鬱病(うつ病)精神障害者就職情報
精神障害者採用枠就職例

契約社員:Webデザイナー 33歳 鬱病(うつ病)

精神障害者採用枠には、ルーチンワークしかないと思っていましたが、今までの経験を活かせる仕事に就けました。 正社員でも1年で潰れるより、病気や障害を理解してもらい5年、10年続けた方がいいと思いませんか?

鬱病(うつ病)精神障害者就職情報
PR精神障害者就職
PR精神障害者就職
うつ病・精神障害者の就職・雇用ADS
うつ病・精神科担当医
うつ病(鬱病)精神障害者就職情報 フォーラム