うつ病・発達障害・ADHD・統合失調症・精神障害者 採用枠 雇用 就職

メンタルワーク
うつ病(鬱病)精神障害者就職・雇用情報HOMEうつ病(鬱病)精神障害者就職フォーラムうつ病(鬱病)精神障害者就職・雇用情報掲示板

うつ病・精神障害者の雇用と就職

メンタルワーク
  • 精神障害者就職情報トップ
  • 精神障害者就職フォーラム
  • 精神障害者就職掲示板
うつ病(鬱病)・発達障害・ADHD・統合失調症・精神障害に理解ある職場で安定した就労
うつ病(鬱病)精神障害者採用枠の正社員・パート・アルバイト・派遣契約社員 精神障害者就職枠なら、病気に配慮のある職場で安心して働けます。
うつ病(鬱病)精神障害者就職情報|メンタルワーク
鬱病(うつ病)精神障害者就職情報

ひきこもり・仕事への問題…緘黙症の二次障害

ひきこもり・仕事への問題…緘黙症の二次障害

緘黙症は、単なる「引っ込み思案・恥ずかしがりな性格」ということで片付けていい問題ではありません。

緘黙症を克服できないまま成長し、小学校、中学校、高校、成人まで症状が続いてしまうと、学業・恋愛・就職に大きな影響を及ぼします。

緘黙症そのものが治らず、二次障害として、家に引きこもり社会に出て仕事ができないなど、 深刻な問題を抱えるに至ってしまう人たちも少なくありません。

発語や言語の理解には問題のない緘黙症。

学校など特定の場面で、ひと言も話すことができなくなってしまう、緘黙(かんもく・場面緘黙症・選択性緘黙症)ですが、 発語や言語の理解には問題がありません。

緘黙症の人は、極度に内気な様子に見えて、学校での班行動などに入りたがらなかったりするため、 単なる人見知りや恥ずかしがり屋として見過ごされがちですが、人見知りや恥ずかしがりとの大きな違いは、 症状が大変強く、何年たっても自然には症状が改善せずに長く続く場合があるという点です。

単なる性格と見過ごされ、治療が遅れがちに、

緘黙症は、2〜5歳の間に発症すると言われていますが、単なる引っ込み思案などの性格的原因との区別がつけにくく、 症状自体も一般的に知られていなかったため、6〜8歳になるまで診断や治療はほとんど行われていません。

治療を受けても、約半数の大人に問題が残る緘黙症

子供の頃に緘黙の治療を受けたことがある成年や大人を調査したところ、 約50%が「現在は何の問題もない」という調査結果となりましたが、残りの約50%は、 同年齢の一般の人たちに比べて「自信が無く、自立心に欠け、大人になりきれていない」という結果になったそうです。

ソーシャルネットワーク

RSS
twitter
facebook
Link Free - リンク大歓迎・リンクはどのページにもご自由に行ってください。
うつ病・精神障害者の社会参加を目指すWebの輪サポーター
うつ病・精神障害者の就職・就労掲示板
鬱病(うつ病)精神障害者就職情報
精神障害者採用枠就職例

契約社員:Webデザイナー 33歳 鬱病(うつ病)

精神障害者採用枠には、ルーチンワークしかないと思っていましたが、今までの経験を活かせる仕事に就けました。 正社員でも1年で潰れるより、病気や障害を理解してもらい5年、10年続けた方がいいと思いませんか?

鬱病(うつ病)精神障害者就職情報
PR精神障害者就職
PR精神障害者就職
うつ病・精神障害者の就職・雇用ADS
うつ病・精神科担当医
うつ病(鬱病)精神障害者就職情報 フォーラム